人は信じられることで力を出す
 人は信じられることで力を出すものです。
信じられるから、ありのままの自分を出せる。他の人が持っていない、その人固有の特性が出てくる。信じられていない人は、つい物事を大きく言ってしまい、結果的に信用を失ってしまう。
 どのような大きな会社であっても根本は一人一人の人間の力によって支えられています。一人の人間の力を引き出せれば、目を見張るような業績もあげられます。その一人の力を100%、あるいは120%出し切ってもらえる風土をつくれるかどうか。それが企業の成長のカギではないかと思っています。
池本 克之『人を見極め、動かし、育てる法則』(ダイヤモンド社)
[PR]
by super2525 | 2009-02-04 00:58
<< 雪玉を転がすトラ 松下幸之助 - 経営哲学の基本 >>