スズキ自動車: 社長室は皆が文句を言いに来る部屋
スズキ自動車の現社長兼会長、鈴木修氏は、78年に社長に就任して以来30年かけ、スズキを3兆円企業にまで成長させました。徹底して現場にこだわる強いリーダーシップのもと、軽自動車国内トップの地位を固めました。

鈴木: 私は、人に会うことは全然いとわない。本を読むよりも、人に会うことのほうがプラスになると思っているのです。活字に書いてあることよりも、フェイス・トゥ・フェイスで伝わることのようが意味がある。
私の部屋は、いわゆる社長室ではありません。皆が文句を言いにくる部屋なのです。役員はもちろん部課長から係長まで、一日に50人は社長室にやってくる。だから、会社ではゆっくり新聞や本を読むことができない。新聞は、できるだけ出社前に家のトイレで読むようにしています(笑)。 (潮)
[PR]
by super2525 | 2009-07-02 10:10
<< 「攻めの気持ちを貫いたほうが勝... 松下幸之助 「好況よし、不況さ... >>