元東北楽天ゴールデンイーグルスの野村克也
元東北楽天ゴールデンイーグルスの野村克也名誉監督がプロ野球の門をくぐって3年目のこと。

人の何倍も練習したが、打率3割を超えられない。

その頃、野球に関する、ある論文に出あう

ぐっと引かれた部分があった。

相手投手の動きを見よと。直球か、変化球か。

球種ごとに投手には癖がある。

それを見抜けば――「努力」プラス飽くなき「研究心」。

そこから壁は破れた

(『野村主義』小学館)
[PR]
by super2525 | 2009-08-08 10:15
<< 走るロボット 豊臣秀吉 “三日普請” >>