天才は、努力の異名  ~米フロリダ州立大学~
 天才とは努力の異名という。それを裏付けるように、一流の域に達した運動選手や芸術家を調べると、平均して1万時間の訓練をしていることが分かった。米フロリダ州立大学のエリクソン教授が論じている。(毎日新聞1月21日付)
 1万時間とは、一日3時間なら10年に相当する。ただし単に時間を費やせばいいのではなく、この間、熟練した指導者のもと、質の高い努力を継続すれば、才能の有無にかかわらず、トップレベルに到達するのというのです。
[PR]
by super2525 | 2015-01-29 09:40
<< コミュニケーションで大切なこと ネッシーのおたま >>